高速WordPress AMI のご利用方法

Nginx版

資料ダウンロード

お問い合わせ 03-3555-5260

高速WordPress AMI はAmazon Web Services(以下AWS)でご利用いただける無料のマシンイメージです。

すでにAWSのアカウントを持ち、AWSのコンソールにログインしていることを前提にご説明します。

1. EC2インスタンスの作成

1-1. EC2ダッシュボードでインスタンスの作成を始める

AWSのコンソールで「東京リージョン」を選択した後、上部メニュー「サービス」から「EC2」をクリック。

EC2ダッシュボードが開きます。「インスタンスの作成」をクリック。

1-2. 高速WordPress AMIの選択

「ステップ 1: Amazon マシンイメージ (AMI)」の画面が開きます。
左側メニュー「コミュニティAMI」をクリックし「FastPress」で検索。表示された「fastpressAMI」より最新の日付の「選択」をクリック。

もしくは以下リンクから直接高速WordPress AMIを選択できます。

Nginx版AMIを使ってみる

1-3. インスタンスタイプの選択

「ステップ 2: インスタンスタイプの選択」の画面が開きます。
任意のインスタンスタイプを選択し「次の手順: インスタンス詳細の設定」をクリック。

1-4. インスタンスの詳細の設定

「ステップ 3: インスタンスの詳細の設定」の画面が開きます。
デフォルトのままで問題ありませんが、任意で設定変更し「次の手順: ストレージの追加」をクリック。

1-5. ストレージの追加

「ステップ 4: ストレージの追加」の画面が開きます。
デフォルトのままで問題ありませんが、任意でサイズとボリュームタイプを変更し「次の手順: タグの追加」をクリック。

1-6. タグの追加

「ステップ 5: タグの追加」の画面が開きます。
デフォルトのままで問題ありませんが、任意でタグを設定し「次の手順: セキュリティグループの設定」をクリック。

1-7. セキュリティグループの設定

「ステップ 6: セキュリティグループの設定」の画面が開きます。
以下の手順でデフォルトであるSSHに加え、HTTPとHTTPSの設定を加えます。

SSHの設定

タイプ「SSH」の「ソース」を「マイIP」に変更してください。すぐ右の欄に現在アクセスしているIPが入力されます。

HTTPの追加

ルールの追加」をクリックし、「タイプ」を「HTTP」に、「ソース」を「任意の場所」に設定します。

HTTPSの追加

HTTPS(SSL)を使う場合は「ルールの追加」をクリックし、「タイプ」を「HTTPS」に、「ソース」を「任意の場所」に設定します。

以上設定が済んだら「確認と作成」をクリック。

※ストレージにHDDを選んでいた場合

ストレージにHDDを選んでいた場合、「確認と作成」をクリックした直後に以下のウィンドウが表示されます。

「SSDの方がパフォーマンスが高いのでSSDに変更しませんか」という表示です。任意で選んで問題ありませんがHDDのまま利用する場合は3つ目の「このインスタンスのブートボリュームとしてマグネティックを継続する」をチェックして「次へ」をクリック。

1-8. インスタンス作成の確認

「ステップ 7: インスタンス作成の確認」の画面が開きます。
作成する内容を確認し「作成」をクリック。

1-9. キーペアの作成

「既存のキーペアを選択するか、新しいキーペアを作成します。」のウィンドウが開きます。 「新しいキーペアの作成」を選択し、「キーペア名」に任意の名前を入力し「キーペアのダウンロード」をクリックし.pemファイルを任意の場所に保存します。 ※.pemファイルは後述する仮想マシンのログインに使用します。

キーペアのダウンロードが済んだら「インスタンスの作成」をクリック。

1-10. インスタンス作成開始

「作成ステータス」の画面が開きます。
設定したインスタンスの作成が開始されました。「インスタンスの表示」をクリック。

1-11. インスタンス作成終了

作成したインスタンスの「ステータスチェック」が「初期化しています」となっており、作成中であることが確認できます。

しばらくすると「2/2 のチェックに合格しました」に変わり、インスタンスの作成が完了します。

最後に、管理しやすくするためインスタンスに名前を付けておきます。


2. Elastic IP(固定IP)の設定

作成したEC2インスタンスのIPは再起動のたびに変更されます。IPを固定させるためElastic IPにてアドレスの割り当てと関連付けを行います。

2-1. Elastic IPで新しいアドレスの割り当てを開始する

AWS管理画面左メニューより「Elastic IP」を開き、「新しいアドレスの割り当て」をクリック。

2-2. 新しいアドレスを割り当てる

「新しいアドレスの割り当て」の画面が開きます。「割り当て」をクリック。

新しいアドレスのリクエストが成功を確認できたら「閉じる」をクリック。

2-3. 割り当てられたアドレスを関連付ける

IP一覧に作成したIPが追加されています。
そのIPをチェックし、「アクション」より「アドレスの関連付け」をクリック。

「アドレスの関連付け」の画面が開きます。
インスタンス」に先ほど作ったインスタンスを選択し「関連付け」をクリック。

以上でElastic IPの関連付けは完了です。


3. WordPressの利用

3-1. インストール情報を取得する

サーバー権限の設定上、WordPressの管理画面上からプラグインやテーマをインストールする時にFTP情報が必要です。

FTPユーザー名は fastpress、FTPパスワードはサーバーの以下ファイルに記録されています。

/root/fastpress.txt

インスタンスへec2-user(EC2の初期ユーザー名)とダウンロードした.pemファイルでSSH接続し、ファイルを取得してください。

3-2. WordPressへアクセス

Elastic IPの関連付けをした時点でIPでWebサイトにアクセスできるようになっています。 以下URLの「00.00.00.00」を割り付けたIPに置き換えてください。

http://00.00.00.00/wp-admin

高速WordPress AMIはWordPressがインストール済みのため、管理者ユーザーを設定してすぐ利用できます。

以上で 高速WordPress AMI のインストールは完了です。

関連ドキュメント