CloudAdvisor
 
ブログ

クラウド上手な制作会社ご訪問!クライマークス様にPSVRを体験していただきました

CloudAdvisor Business Research 2016 にて賞品のPSVRを当選された、株式会社クライマークスの政田様へ直接お届けに伺いました。

ただお届けしてお話を伺うだけでは物足りない…ということで、その場で少しプレイしていただき、VRの楽しさを実感していただきました。

クライマークス様の面々でPSVRをプレイ🎮

DRIVECLUB VRをプレイしていただきました。 VRの楽しさを体験してもらうにはレースゲームはうってつけと思ってのチョイスです。

プレイしていただいた3名のみなさんはVR初体験とのことで、とても興奮しつつ楽しんでいただけました。

インタビュー

当選者のクライマークス政田様に、日常業務でのクラウドとの接し方についてインタビュー頂きました。

政田 祐生 様
株式会社クライマークス システム部所属。 CMSの導入ほかWebと連携するシステムの基本設計など、Webサイト構築時のシステムに関わる面でのディレクションを主に担当。

クラウド利用はお客様からの指定が主。クラウドアドバイザーに任せることで提案が安定。

– 受託案件のインフラにクラウドを採用する基準などはありますか?

政田様 : 基準はとくに無いのですが、お客様よりインフラの指定込みでご依頼いただくことが多いです。

初めてクラウドを扱ったのは受託案件でDrupalの構築をした時で、インフラもAWSの指定がありました。その案件でクラウドアドバイザーのサービスを通して初めてクラウドを扱うようになりました。

– クラウドアドバイザーで初めてクラウドに触れられたんですね! ありがとうございます。
御社から「クラウドを使いましょう」と積極的に提案されているわけではないのでしょうか?

政田様 : そうですね、クラウドの指定があった時やサーバー保守も依頼される要望があった時に利用しています。

– クライマークス様にはパートナーとして度々クラウドのマネージドサービスご利用いただいていますが、クラウドを扱い始めて提案の幅は広がりましたか?

政田様 : クラウドアドバイザーのパートナーになる以前は我々自身でサーバーをお客様に提案していました。ですがやっぱり我々はWebの制作会社ですので、私などはある程度サーバーの知識がありますが専門でやっているわけではありません。24時間保守は無理ですし業務時間中もずっとサーバー保守に当たることはできません。

そうした面をクラウドアドバイザーに切り離してお任せできるようになったので、クラウドを扱い始めたというよりクラウドアドバイザーを使うことで安定した提案が出来るようになりました。

– 最後に、今後クラウドアドバイザーに期待することやご要望などはありますか?

政田様 : 今はAWSに限らず色んなサービスをお任せできているので、出来ることの面では何も不安ありませんが、お客様に対しても我々に対しても、人的リソース・バックボーンでどれくらいお任せできるのか、という点がもう少し分かりやすければ安心感が得られて良いなと思います。

– おっしゃる通り、リソース面ではアピールが足りていないかも知れません。参考にさせていただきます。
この度はお時間頂きましてありがとうございました!

政田様 : こちらこそありがとうございました。また次のPSVR楽しみにしています😄

さいごに

今回訪問させていただいたクライマークス様および「CloudAdvisor Business Research 2016」に応募いただきました皆さまには、重ねてお礼申し上げます。

また様々な企画を通して、制作会社様のクラウドに対しての声を紹介したいと思います。

チャットでご相談いただけます。

クラウドの立ち上げや乗せ換え・運用についてお答えします。

チャットで相談する

お問い合わせ 03-3555-5260