Lambdaコードを利用してS3から取得するデータを処理するS3 Object Lambdaが発表 | クラウドアドバイザー | AWS構築運用会社
 

Lambdaコードを利用してS3から取得するデータを処理するS3 Object Lambdaが発表

2021年3月18日にLambdaコードを利用してS3から取得するデータを処理するS3 Object Lambdaが発表されました下記は公式ページです。
S3 Object Lambda で、S3 GET リクエストに独自のコードを追加して、データがアプリケーションに返されるときにデータを変更および処理することが可能に

S3 Object Lambdaとは

S3 Object LambdaとはS3から取得するデータに対して変更や処理をかけることができるものです。
S3 GETリクエスト時にLambdaのコードを追加してデータに処理をすることができます。
ユースケースとしては、一つのデータを複数のサービスやプロジェクトで使う場合などが想定されています。例えば、S3に保存しているデータからeコマースアプリで利用するときにはユーザーの個人情報が必要ですが、データ分析のときには個人情報はマスキングされているべきです。このようにデータ元は同じだが、利用したいデータが違うというときに役立ちます。個別にデータを作成する必要はなくなりました。また以下のようなユースケースも考えられます。

  • 個人識別情報を編集した状態で分析、または本番環境以外の環境にデータを提供します。
  • XML から JSON への変換など、データ形式の変換します。
  • 他のサービスまたはデータベースの情報を利用してデータを拡張します。
  • ダウンロード中のファイルを圧縮または解凍します。
  • オブジェクトを要求したユーザーなど発信者固有の情報を利用してリクエスト時に画像のサイズ変更や透かし入れを行います。
  • データにアクセスするためのカスタムの認可ルールを実装します。
  • 写真引用元:Amazon Web Services ブログ

    リージョン

    一部を除くパブリックリージョンで提供されています。以下は対象外のリージョンです。

  • AWS アジアパシフィック (大阪) リージョン
  • AWS GovCloud (米国)
  • Sinnet が運営する AWS 中国 (北京) リージョン
  • NWCD が運営する AWS 中国 (寧夏)
  • 料金

    料金はデータの処理に必要なLambdaの実行時間とリクエストの料金、Amazon S3 Object Lambdaがアプリケーションに返すデータの料金、Lambda関数によって呼び出されるS3リクエストの料金が発生します。

    まとめ

    個人情報をマスクしたり、データ形式の変換などをアプリ側で行わなくてもよくなったのはとても便利そうです。