Amazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了 | クラウドアドバイザー | AWS構築運用会社
 

Amazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了

2021年2月1日にAmazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了のお知らせを発表しました。

以下公式ページです。
Amazon RDS for MySQL バージョン 5.6 のサポート終了のお知らせ

なぜサポート終了するのか

なぜサポートを終了するのかは以下のように書かれています。

Amazon RDS は、MySQL メジャーバージョン 5.6 の廃止プロセスを開始します。これは、MySQL コミュニティが 2021 年 2 月 5 日に MySQL 5.6 のサポートを終了することを計画している為です。

簡潔にいうと、「MySQLがサポートを終了してくるから、RDSもサポート終了します」ということですね。

いつ終了するのか

サポートの終了日時は以下のように書かれています。

UTC 協定世界時間の2021 年 8 月 3 日 00:00:01 (JST 日本標準時間の2021 年 8 月 3 日 09:00:01) で廃止されます。

MySQL5.6自体の廃止は2021年2月5日です。
2月5日から8月3日までの間はRDS for MySQL5.6は実行することが出来るのですが、セキュリティパッチが提供されることはないようです。
そのため、MySQL5.6のサポートが終了するまでの2月5日までにメジャーバージョンの5.7以降にアップグレードすることが推奨されています。

アップグレードしないとどうなるか

2021年8月3日までにデータベースをアップグレードしないと、8月3日~9月1日の約一ヶ月の間で指定しているメンテナンスウインドウ内で5.6から5.7にアップグレードされるようです。
9月1日以降はメンテナンスウインドウ中であるかどうかに関わらず、バージョン5.7にアップグレードされます。
つまりデータが書き込まれている最中にアップグレードされてしまう可能性もあるので、なるべく手動でアップグレードしたほうが良さそうです。

移行先は?

移行先には5.7か8.0があげられます。どちらにアップグレードするにしろ、5.6からの変更点もあるので、検証した上でアップグレードするほうが良いと思います。
5.7のサポートの終了期限は2023年10月(参考:Oracle’s MySQL Release (p. 23))です。
8.0はウインドウ関数と共通テーブル式が含まれていたり、5.7と比較して2倍高いパフォーマンスを提供しています。

おわりに

システムでも何でも作成したら終わりということはないので、しっかりメンテナンスをしていくことが大切です。